orangeKid's blog

考えていることを書いていきます/ツイッターもやってます(@orangeKidGreat)

読書(12月1日〜15日)

 

こんにちは。

 

12月上旬に読んだ本の中で面白かった本を紹介します。

短く感想を書いておきます。

 

 

たたかう植物: 仁義なき生存戦略 (ちくま新書)

たたかう植物: 仁義なき生存戦略 (ちくま新書)

 

 

今年読んだ本の中で一番面白かったかもしれません!

植物の生存戦略や活動は見えづらい(視覚的・時間軸的な観点から)ため、

「植物=静か・おとなしい」と考えていましたが、

外敵(植物同士、動物、微生物、環境)と戦うために、

ものすごい活動をしていることが良くわかりました。

 

 

父の縁側、私の書斎 (新潮文庫)

父の縁側、私の書斎 (新潮文庫)

 

 

彼女のお父さんとの思い出を中心に書かれたエッセイですが、

実際は住まいの話ばかりなので、建築が好きな方にオススメです。

 

巻末の解説で中村好文さんが書かれているように

生活者の視点で書かれた優れた「住宅論」

 という表現がしっくりきました。

 

自分のための場所を、手間と時間をかけて作り上げることは、

生きる上で大切なことなんだと思いました。

 

人生を豊かにするのは、お金でも物でもない。

幸せな瞬間の記憶である。

という文章は至言だと思います。

 

 

寺田寅彦セレクション1 (講談社文芸文庫)

寺田寅彦セレクション1 (講談社文芸文庫)

 

 

先日、恵文社 一乗寺店を訪れた際に、目に止まったので購入。

寺田寅彦という名前は以前から知っていたものの、

なかなか彼の著作を読む機会がありませんでした。

 

日々の生活に関する内容が主で、特にテーマがあるわけではありませんが、

彼の表現の端々から、色々なものに対する造詣の深さを感じる内容でした。

 

読んでいてとにかく快い本だったので、冬の読書に是非。

 

 

空気の底―The best 16 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫)

空気の底―The best 16 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫)

 

 

最近は手塚治虫のマイナー作品を読むことがちょっとしたマイブームです。

 

大人向けの短編16作品を収録していますが、

とにかくバッドエンドが多く、全体的に暗い作品が多いです。

 

バッドエンドではありますが、

その中にある人間の不条理や、人間ドラマは読んでていて面白く、

随所に手塚治虫らしさを感じました。

 

 

 

12月後半で読んだ分も年末にまとめて書きたいと思います。

それでは。

自分のタスク・スケジュール管理術

 

こんにちは。

前回から4ヶ月空いてしまいましたが、久々にブログを書きます。

 

現在取り組んでいる仕事(プロジェクト)が今年度末で一区切りになるので、

プロジェクト終了に向けて慌ただしくしています。

 

ここ数年で私を取り巻く環境が大きく変わったこともあり、

なかなか腰を据えてものを考えることができていなかったのですが、

このままじゃダメだ、ということで、

少しずつ、日々の過ごし方を変えようとしているところです。

 

 

 

その一環として、1週間単位でのスケジュール管理を行なっています。

 

具体的には、Evernoteに1週間の予定・タスクを列挙し、

毎朝、1日ごとのスケジュールを組むようにしています。

 

仕事の予定はGoogleカレンダーで管理しているので、

上記の方法で管理するのはプライベートな時間(18時〜25時くらい)です。

 

読書、勉強、ゲーム、運動、洗濯、お風呂、みたいな形でアクションを書き、

30分単位で18時以降の予定を組んで行動し、 

寝る前に実際の行動を振り返り、明日以降、どうすべきかを決めています。

 

 

 

自分の今までの生活について考えてみると、

良く言えば自由気ままに過ごせていた反面、

(仕事を除くと)長期的な視点で何かに取り組むことができていなかったように

思います。

 

プログラミングの勉強をしようとか、英語を学び直そうとか、

色々考えている割に実際に行動に移すことができておらず

結果としては何も成長できていない状態でした。

 

自分の今後の働き方、生き方について考えた時に、

どう考えてもこのままじゃマズイので、何かを変えないといけないタイミングでした。

 

前回の自分のエントリが丁度、「習慣を変えることの重要性」でしたが、

まさにその通りだと思っています 笑

 

なので、このブログの更新頻度を上げることも含めて、

色々見直しつつ、自分を成長させられるように頑張りたいと思います。

 

それでは。

 

成長マインドセットー心のブレーキの外し方

成長マインドセットー心のブレーキの外し方

 

習慣を変えることの重要性

 

こんにちは。

今回は「習慣を変える」ということについて書きます。

 

今年も上半期が終わりましたが、

年初に立てた目標に対して自分がルーズになっていると感じており、

下半期の過ごし方を考え直さないといけないと思っています。

 

ただ気持ちの上で考え直しても意味は無く、

自分を変えようと思ったら習慣を変えないといけません。

 

Insanity Is Doing the Same Thing Over and Over Again and Expecting Different Results.         - Albert Einstein
同じことを繰り返しながら、異なった結果を期待することを狂気と言う
- アルバート・アインシュタイン

 

 

習慣に関して、直近で面白い経験をしました。

 

つい先日親知らずを抜いて、1ヶ月程度、傷口を縫合糸で止めていた時期があり、

その時は手術後で口内環境に気をつけていたことや、

歯磨きがうまくできなかったことから、

歯に色の着くコーヒーを飲むのを止めていました。

 

それまでは、平均すると1日に3〜4杯飲んでいて、

その程度の量を飲むことが習慣化していましたが、

1ヶ月間コーヒーを飲まなかったら、1日1杯飲めば十分と感じるようになりました。

 

今までは何となくコーヒーを飲んでしまっていましたが、

今はタイミングをちゃんと考えて飲むようになっています。

 

自分としては、飲むのを我慢している訳ではなく、

全くストレスも感じていませんが、結果的には飲む量が激減しました。

 

 

 

勉強や運動、貯金など、目標を立てる人は多いと思いますが、

自分も含め、なかなか目標を達成できないのは、

習慣づけができていないことが大きな原因だと思います。

 

一回あたりの時間や量を多くするよりも、

短い時間でも習慣化して続ける方が簡単な上に、

長期的には大きな効果が得られると思います。

(1を10にするよりも、0を1にする方が大変だと思います。)

 

このブログもそうですが(笑)、

続けることはとても大事であると同時に、とても難しいことでもあるので、

続けられる仕組みを上手く作りたいものです。

 

 自分を良い方向に変えていけるよう、頑張ります!

 

それでは。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 - マザー・テレサ

 

 

自分を変える習慣力 (Business Life 1)

自分を変える習慣力 (Business Life 1)

ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。

天才たちの日課  クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

 

備忘録 #Takram Cast (人工知能と嗜好性)

 

こんにちは。

 

最近は移動時間が結構多くなっていて、

飛行機や新幹線だと本を読んでいるのですが、

バスや満員電車だと本が読みづらい(バスで読むと酔う)ので、

Podcastを聞いています。

 

以前にRebuild FMは紹介したと思いますが、

その他に継続して聞いているPodcastの一つがTakram Castです。

 

毎回、とても興味深い内容なのですが、人工知能と嗜好性の回が特に刺さったので、

自分のための備忘録を残しておきます。

(間違いや理解不足があったらすみません。)

 

 

=====================================

#なぜ嗜好性(嗜好品)に着目するか

人工知能の議論をする時に、生活のEssentialな部分(仕事など)にフォーカスしてしまうが、余計なもの/無くてもよいものにフォーカスするのことも大事 

 

人類が昔からやっていることはおそらく未来でもやってる
→ タバコやお酒等の嗜好品の歴史は古く、未来でも嗜好品は存在するのでは

人々の生活や文化に根ざしたサービス、製品は長続きすると思う

未来のビジョンを考える時には、生活の中でどのように使われるかを考えるのが大事
→ そういうものの中に嗜好性が見え隠れしているように思う

 


#AIと嗜好性

今までの嗜好性には身体性(血中にアルコールが入る等)が関わっているが、
今後はもっと精神的な嗜好性にシフトしてくるのではないか
→ そうするとAIにも出番がありそう

身体性に着目するのではなく、その結果として起こるシグナル(電気的な反応)に着目すると面白そう

VRは感覚ハック

ノンアルコール飲み
→ 酔っている時(get drunk)の自分のイメージと実際は酔っていない体のズレで酔い(motion sickness的)が発生する
→ 新しい酔い??
→ こういうのはVRが得意そう
→ あとは気持ち良い酔い(motion sickness的)なのかどうか

大草原の心地よさの理由
→ 見晴らしが良いところだと、外敵が現れた時に見つけやすいという本能的な快楽

快楽や快適さの根本をちゃんと考えてサービスを作ることが重要
→ メタ化された嗜好性に関する情報の重要性
→ 既にそういう情報は大企業で蓄積されているのではないか

ミハイ・チクセントミハイ
→ フロー状態 (高度に集中している状態)
→ 労働のパラドックス

負荷が掛らないと嗜好性が楽しめない?
→ 仕事のあとのビールは美味しい
→ どのタイミングで飲むと美味しいかを教えてくれるアプリは面白そう

 


#嗜好性と射幸心

中毒性のデザイン
→ いくらでにできるからバランスが大事

公文は結構ゲーミフィケーションできてる
→ 一問一問が短くて、先生がすぐに丸をつけてくれる
→ フィードバックが早いことが大事

提唱している人の年齢とシンギュラリティのタイミング予測に関する研
→ 提唱者が80才くらいのタイミングになる

=====================================

 

 

個人的に特に面白いと思ったのは、

人間の本能に根ざした嗜好性・快楽性のデザインの部分です。

 

生物である以上、絶対に楽しい瞬間(美味しいものを食べる等)は、

未来永劫変わらないと思うので、こういう認知・感覚を技術でデザインできると、

長続きする(依存性の高い)サービスが作れると思っています。

 

また、人間の認知・感覚は突き詰めると電気シグナルになるので、

そこに直接アクセスできるようになると、世界が大きく変わると思います。

 

 

但し、Podcastの中でも議論されていましたが、

良くも悪くも依存性を高くできてしまうので、悪用するとひどいことになります。

 

サービスを提供する側は、世の中に与える影響等をちゃんと認識した上で、

サービスの設計をしないといけないといけませんね。

 

それでは。

 

 

コーヒーの真実―世界中を虜にした嗜好品の歴史と現在

コーヒーの真実―世界中を虜にした嗜好品の歴史と現在

 
デザインされたギャンブル依存症

デザインされたギャンブル依存症

 

権利の獲得と行使について

 

こんにちは。

 

今回は少し抽象的なタイトルになってしまいましたが、

週末に思うところがあったので書いてみます。

 

 

今年の自分の生活を振り返る中で、

「権利の獲得と行使」について色々考えてしまいました。

 

具体的には、自分は「権利の獲得」には一生懸命取り組むものの、

「権利の行使」は(獲得の時と比較して)努力が足りていないように感じています。

 

いくつか事例をあげると、

 

1. パソコンを買うためのお金は計画的に貯めるが、

 十分に使いこなせていない。

 2. 時間を節約するために色々工夫しているが、

 その結果生まれた時間を有効に活用できていない。

 

 みたいな話です。

 

 

そして、意外と世の中の人も、権利を獲得するためには努力するけど、

その権利をちゃんと行使できている人は少ないのではないか

と考えました。

 

「スポーツクラブの会員になったものの通えていない」という話は良く聞きますし、

もっと根本に立ち返ると、

「頑張ってお金を稼いでいるのに無駄遣いしてしまう」というのも同じでしょう。

 

また、身体的な話にも通じる部分があると思っていて、

実際は体は元気で、エネルギーが有り余っているのに、

ちゃんと運動をしないことによって体が不調をきたす、

というのも似ています。

 

 

権利の獲得は、努力した結果が分かりやすく(獲得できた/できない)、

比較的努力し易いのに対して、

権利の行使は、0/1で評価することが難しいので、

しっかり振り返らないと結果が分かりづらいのかもしれません。

 

けれど、獲得をインプット、行使をアウトプットと考えると、

アウトプットこそ重要だと思うので、

これからは権利の行使についてちゃんと考える必要があります。

 

 

まずは、自分の身の回りで(時間も含めて)

無駄になっているものがないかちゃんと考えて、

「時間やものを有効に活用すること」を目標に頑張ります(笑)

 

それでは。

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 
そのお金のムダづかい、やめられます

そのお金のムダづかい、やめられます

 

 

Amazonは国家になるのかもしれない

 

ちょっと大袈裟なタイトルをつけましたが、

最近のAmazonの動きを見ていると、国家に近い存在になるような気がしています。

 

というのも、Amazonが提供している(もしくはしようとしている)

サービスから想像できる将来的なサービスのイメージが、

国家や政府のような人々の生活基盤に関わるものになるように感じているからです。

 

自分の生活を振り返ってみても、

ほとんどの消費がAmazonを経由したものになっています。

 

日用品(洗剤、テッシュ等)、書籍、飲料品、ゲーム、家電、

家具(棚やクッション)、etc...という感じで、

生活に必要な品物の80%位はAmazonで買っています。

(最近は映画と音楽も使ってますね。。。)

 

逆に、Amazonで買っていないものは、食料品、衣類、薬品くらいだと思いますが、

これらの商品についても、

食料品:Amazon fresh

衣類:Amazon fashion

薬品:制限はあるものの購入可

という状況になっていて、僕が購入するのも時間の問題だと思います。(笑)

 

食料品や衣類についてはどこまで普及するか懸念する声もありますが、

ホールフーズの買収や、ファッションイベントの開催等、

着々と手を打っている印象を受けています。

 


 

さらに、日本ではまだ始まっていませんが、Amazon goも控えています。 

 

このサービスがすごいと思うのは、

この仕組みを導入すれば日本のコンビニでも、

すぐにでもサービス提供自体は可能な(ように見える)点です。

(顧客の購入情報をAmazonに取られてしまう点で抵抗はあると思いますが)

 

 

こうなってくると、家にいるときは通販(しかもAmazon echo経由)、

外に出たらAmazon go という状態になり、

Amazonへの依存度は高まる一方な気がしています。

 

 

また、Amazonが提供するクラウドコンピューティングサービスである、

Amazon Web ServicesAWS)を利用している企業も多く、

Amazonは企業関連のデータも相当保有していると思います。

 

個人向け、企業向けの全方位に対して、

多くのサービスを提供している企業はそう多くなく、

まさにAmazon経済圏と呼ぶにふさわしい状況になっています。

 

 

さらに、今日のニュースになりますが、

海外製品の購入にも円決済が使えるようになることから、

国家を跨いだ流通管理や通貨の流通にも大きく関わることになりそうです。

 

 

 

いわゆるGAFAGoogleAmazonFacebookApple)へのサービスの集中について

懸念する声は当然ありますし、

Facebookのアカウント情報の不正利用の件など、

そのような懸念は現実のものになりつつあります。

 


 

このままでは世界は本当に一部の企業による寡占状態になってしまいますし、

それで問題ないと考える人も増えていってしまうと思います。

 

自分も含め、これらのサービスの付き合い方について、

ちゃんと考える必要があると感じました。

 

それでは。

 

 

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

 
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

 
アップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのか (新潮文庫)

アップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのか (新潮文庫)

 

 

大谷選手の活躍から考える肩書きの問題

 

こんにちは。

 

みなさんもご存知の通り、エンゼルスの大谷選手が素晴らしい活躍をしています。

 

 

オープン戦での成績がイマイチだったことから、

「マイナーからスタートすべきでは?」という意見もありましたが、

蓋を開けて見ればしっかりメジャーのレベルに対応できているように見えます。

 

 

大谷選手の魅力はなんといっても二刀流ですが(今更w)、

打者としても、投手としても活躍できるのは本当に凄いことだと思います。

 

そもそも、日本球界に入る時も二刀流は通用しないと言われていたものの、

結果的には、日ハム所属の5年間で投手としては42勝、勝率73.7%、

打者としては打率2割8分6厘、本塁打48本という文句のない成績でした。

 

もちろん栗山監督が二刀流に理解のある監督だったことも大きいですが、

彼の才能と自己管理による結果だと思います。

 

同じように、メジャーに行く時も、二刀流は通用しないと言われましたが、

今のところは問題ないように見えます。

(もちろん、怪我のリスクや相手チームによる分析などの懸念はあります。)

 

 

大谷選手を取り巻く議論を聞いて感じるのは、

多くの人は何かしらのカテゴリに分類したがるものなのだな、ということです。

 

今でも「投手(もしくは打者)に専念すべき」のような主張は根強いですが、

どのように野球に取り組むかは大谷選手の自由であり、

誰かに指図される必要はありません。

(指図する側が「お前を思って」とか言うところがさらに面倒くさいw)

 

このような問題は、例えばサラリーマンにもあると思っていて、

副業をやろうとすると、「本業がおろそかになる」とか、

「どちらも成功しない」とか、色々文句を言われます。

 

本来は自分の時間をどのように使うのかは自由なはずですが、

(特に日本の)多くの会社は一社に所属することを求めます。

 

一社だけに所属することはリスクが高いですし、

自分のスキルを向上させる意味でも、

色々な領域に跨っていた方が良いのではないかと考えています。

 

 

そういう意味で、

大谷選手の中で、投手と打者のバランスをどのように取っているか、という点に、

すごく興味を持っています。

 

特に、両方を経験することによって、

彼の中でどのようにデータが蓄積・フィードバックされているのか、

非常に気になります。

 

外野からのくだらない指摘は笑顔でスルーして、

ベーブルースを超える新たなスターとして頑張って欲しいです。

 

今後の活躍を期待しましょう!

 

それでは。

  

不可能を可能にする  大谷翔平120の思考

不可能を可能にする 大谷翔平120の思考