読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangeKid's blog

考えていることを書いていきます/ツイッターもやってます(@orangeKidGreat)

【書籍】僕の好きな雑誌まとめ

 

僕は活字が好きで、時間があれば何か読むものを探してしまうのですが、

気軽に読めて、雑多な情報が得られるという理由で、雑誌もよく読みます。

 

今回は僕がよく読んでいる雑誌について紹介したいと思います。

紹介するのは以下、10冊です。

 

1. Casa BRUTUS

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2014年 04月号 [雑誌]

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2014年 04月号 [雑誌]

 

 

建築、家具、デザイン、インテリア等を中心とした月刊誌です。

上記のテーマはいずれも僕がすごく興味があり、毎月読んでいます。

写真が多く、紙面が美しい点も見逃せません。

 

 

2. BRUTUS 

BRUTUS (ブルータス) 2014年 3/15号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2014年 3/15号 [雑誌]

 

 

casa BRUTUSの本家、BRUTUSもよく読みます。

毎回、特集される内容が大きくことなるので、

興味がある回は非常に面白く読める反面、

そうでない回の場合はなかなか手が伸びませんが、

自分が知らなかった世界を知ることができる、ということもあり、

結局読むと面白いことが多いです。

 

 

3. WIRED

WIRED VOL.11 (GQ JAPAN.2014年4月号増刊)]

WIRED VOL.11 (GQ JAPAN.2014年4月号増刊)]

 

 

IT系の話題を中心とした雑誌で、3ヶ月ごとに発売されています。

元々は米国の雑誌で、

日本語版では翻訳した内容と日本独自の内容がミックスされており、

最新のテクノロジー動向について、面白い切り口で特集されています。

 

 

4. COURRIER Japon

 

政治やテクノロジー等、幅広い内容を掲載している月刊誌です。

この雑誌の特徴は、毎月の特集内容に沿って、

海外メディアの中から面白い記事をピックアップし、

翻訳したものをまとめて掲載している、という点です。

メディアキュレーション雑誌、という位置づけになると思いますが、

色々な国のメディアに触れることができるので、面白いです。

(本当は原文をあたるべきだとは思いますが。)

 

 

5. PEN

Pen (ペン) 2014年 3/15号 [雑誌]

Pen (ペン) 2014年 3/15号 [雑誌]

 

 

個人的にはBRUTUSに近い雑誌という認識ですが、

宗教について特集するなど、BRUTUSよりも少し固めの内容が多い気がします。

年齢層についても、BRUTUSよりも少し高めを狙っている印象を受けます。

こちらも、毎回の特集によって内容が大きく異なり、

好きな特集の時は迷わず買ってしまいます。

 

 

6. Monocle

Monocle [UK] February 2014 (単号)

Monocle [UK] February 2014 (単号)

 

 

今回紹介する中で、唯一、英文の雑誌です。

ビジネス、旅行、文化、芸術、教育、デザイン等、

毎号、幅広い内容が掲載されており、

特にジャンルを絞っている印象は受けません。

編集長を務めるタイラー氏は「Wallpaper*」の創刊者としても有名ですが、

彼が日本好きなことから、日本の特集が多い点が特徴かもしれません。

比較的読みやすい英文だと思うので、海外の雑誌にチャレンジしたい方は是非!

 

 

7. CREA Traveller

 

旅行系の雑誌の中では、かなり好きな本です。

毎号、特定の国や地域を特集しているので、

行きたい国がある場合は、特集されている号を読むと良いと思います。

基本的には女性向け雑誌なので、

男性が欲しい情報はあまり載っていないかもしれません。

けど、僕は好きです。 

 

 

8.  モダンリビング(Modern Living)

モダンリビング 213 豪邸、拝見! 2014
 

 

名前からも分かる通り、建築に関する雑誌です。

一度は住みたい、と思うような豪邸が多く掲載されていて、

自分がどういう家に住みたいのかをイメージする時にはもってこいです。

(実際に住めるかどうかは別問題ですが 笑)

また、家の見取り図などもかなり細かく載っているので、

建築図面を見るのが好きな人は是非読んでみて下さい。

 

 

9. ELLE DECOR

 

家具、建築、プロダクトデザインをカバーしている雑誌です。

Casa BRUTUSと似ていますが、

より海外の物件や製品を扱った内容が多い印象です。

自分の部屋のイメージや家具のイメージを膨らませることができるので、

読んでいるだけで楽しいです。

 

10. Esquire

Esquire (エスクァイア) 日本版 2009年 04月号 [雑誌]

Esquire (エスクァイア) 日本版 2009年 04月号 [雑誌]

 

 

残念ながら既に廃刊しているのですが、好きな雑誌なので紹介しておきます。

毎号、とても面白い特集が組まれていて、楽しみにしていました。

バックナンバーは色々なところで手に入るので、機会があれば読んでみて下さい。

 

 

雑誌は毎号違った内容が載っている上に、流し読みできるので、

ちょっとした時間につい読んでしまいます。

 

今回紹介した中で、読んだことの無い雑誌があったら、

是非この機会に読んでみて下さい。

 

それでは。