読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangeKid's blog

考えていることを書いていきます/ツイッターもやってます(@orangeKidGreat)

地方に住むメリット/デメリット

 

今は首都圏を離れて生活しているのですが、

地方の視点から首都圏の生活を考えた時のメリット/デメリットについて、

書いてみます。

(ちなみに今僕が住んでいるのは地方の10万人都市です。)

 

以下、メリットを3つ紹介します。

 

1. 家賃が安い

今僕が住んでいる家は70平米あり、駐車場もついていますが、家賃は月7万円です。

 

都内で家を借りた場合、

床面積が半分(35平米前後)で家賃は10〜15万円だと思います。

 

家を買った場合でも東京の半分以下で住む場合が多く、

住宅事情については地方は非常に恵まれています。

 

2. どこにいっても空いている

東京にいると、どこに行っても人が多く、行列に並ぶということもありますが、

地方ではほとんど並ぶことがありません。

 

公開初日の映画を見に行っても、空席だらけです。(笑)

 

空いているということは、その分盛り上がりにも欠けますし、

経済規模が小さいことを表していますが、

消費者という観点からのみ考えると嬉しいことです。

 

3. 人同士の距離が近い

人によって好みはあると思いますが、人同士の距離が近いことは、

僕にとっては大きなメリットです。

 

お店に行ってもすぐに顔を覚えてくれますし、

近所の人が野菜や果物を分けてくれることがあります。

 

僕のように単身で地方で生活している人にとっては、

仕事以外で他人と交流する機会があるのはとてもありがたいです。

 

 

次に、デメリットを2つ紹介します。

 

1. イベントに参加しにくい

情報を得る、ということを考えた時に、

文字や映像であればネットで確認することができるため、

地方にいても問題ありませんが、

セミナー等のイベントに参加することは難しいです。

 

また、新製品が出た場合なども、

なかなか実物を触る機会が得られません。

 

 

2. 移動手段が車しかない

都内にいると、移動する際には電車やタクシーを利用することが多いと思いますが、

地方では公共交通機関がそこまで充実していないため、

どうしても車を使うことになります。

 

そのため、車の維持費はかかりますし、お酒を飲むことも多少躊躇してしまいます。

 

ただし、地方の場合、

駐車場は十分にありますし、渋滞もほとんど無いため、

都内で車に乗ることに比べると恵まれてはいます。

 

他に選択肢が無いという点において、

交通手段についてはデメリットが多いと思いました。

 

 

 

メリット/デメリットを書いてみましたが、住めば都という言葉があるように、

その地方、その土地の良さというものがあるので、

どこであっても楽しく過ごすことができると思います。

 

僕が問題だと思っているのは、

とにかく東京が一番良くて、東京にいないと意味が無いと思っている人がいることです。

 

最近、IT関係では地方に移動する人が多いですが、

その他の業種ではまだ大都市に集中してしまっていると思います。

 

ビジネスフィールドワーク:摩天楼がない都市・福岡のビジネス環境を見てきた(神尾寿編) - 誠 Biz.ID

 

四国の山里で働くという選択——IT企業が惹きつけられる町・徳島県神山町|あしたのコミュニティーラボ

 

 

工夫次第では地方の方がチャンスがある場合も多いと思うので、

色々な人が地方に進出していくと良いと考えています。

 

それでは。

 

BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 3/15号 [雑誌]

BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 3/15号 [雑誌]