読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangeKid's blog

考えていることを書いていきます/ツイッターもやってます(@orangeKidGreat)

僕のストレス解消方法について

 

仕事をしていると、思うように行かないことがあったり、

そもそも対応しなければいけない仕事の量が多かったりすることで、

ストレスを抱えてしまうようなシーンは多いと思います。

 

また、仕事の内容以外にも、

人間関係などでストレスを感じるケースもあり、

快適な状態/環境で仕事をするのが難しい場合があるのではないでしょうか。

 

 

僕は割とストレス耐性が高い方だと考えているのですが、

改めて振り返ってみると、

色々なストレス解消方法を実践していることに気がつきました。

 

ストレスの感じ方については、その人の性格によって大きく変わるので、

そもそも、僕が楽観的な性格であることがかなり影響していますが、

解消方法については、ある程度、多くの人に共通していると思います。

 

以下、5つ紹介します。

 

1. 運動する

デスクワークが多い人には特にオススメです。

 

運動と言っても、しっかり時間を取る必要はなく、

仕事の合間に少し外に出て歩くだけでも、かなりリフレッシュできます。

(僕は3時間に1回位のペースで、外の空気を吸うようにしています。)

 

また、仕事が終わった後や週末など、比較的長めに時間が取れる時は、

ランニング、水泳、ボルダリング等がオススメです。

 

大人数でやる運動となると、時間を合わせることが難しかったり、

結局、人間関係の問題が出てきたりしてしまうので、

個人スポーツの方が取り組みやすいと思います。

 

勿論、大人数でやるスポーツには別の魅力もあるので、

自分の環境に合わせて選ぶと良いと思います。

 

 

2. 映画を見る

アクション映画、コメディ映画が特にオススメです。

何も考えずに、ビールを飲みながら見ると良いと思います。

 

また、映画の場合は2時間前後で勝手にエンディングを迎えるため、

長時間拘束されない、というのもオススメする理由です。

 

政治/金融関係の映画やクライムサスペンス等の映画は、

映画としては面白いと思いますが、ストレス解消には不向きかもしれません。

 

映画については、僕は年間30本程度は見ているので、

そのうちオススメ映画を紹介したいと思います。

 

 

3. 本を読む

映画とほとんど同じような主旨ですが、

小説やエッセイなど、比較的軽く読める本がオススメです。

 

お気に入りの自己啓発本などをいくつか手元に置いておくのも良いと思います。

 

僕が落ち込んでいる時は、岡本太郎さんの本を良く読みます。

 

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)

 

 

4. 寝る

上手くいかない時や精神的に参っている時、イライラしている時は、

しっかり寝るようにしています。

 

しかしながら、当然ですが、寝ている間は何もできないので、

期限が迫っている仕事に取り組んでいる時はオススメしません。

 

そのような時に寝てしまうと、多くの場合、事態が悪化していることが多いです 笑。 

あくまで自分のメンタルを回復させるために寝るだけです。

 

 

5. 旅行をする

旅行と言っても、目的地や期間は様々ですが、

普段の生活圏から抜け出して過ごすというのはかなりリフレッシュできます。

 

東京で働いている人の場合、

箱根であれば1泊2日でもゆっくりすることができますし、

2泊3日で休むことができれば、京都まで足を伸ばしても大丈夫でしょう。

 

1週間程度休める場合は、

国内ならどこでも行けますし、アジア各国やハワイも行けます。

 

どうしてもストレスが溜まっていて、

担当している仕事に上手くケリをつけらるのであれば、旅行は本当にオススメです。

 

 

 

おまけとして、やらない方が良いことを1つ紹介しておきます。

 

お酒を飲む

楽しく飲むためのお酒は良いと思いますが、

ストレス解消の手段としてお酒を飲むことはオススメしません。

 

大抵の場合、飲み過ぎますし、翌日以降にも響きます。

 

また、人に迷惑を掛けることもあるため、ストレスを解消するどころか、

よりストレスを感じる状態になる可能性が高いと思います。

 

 

以上、ストレス解消の方法について紹介しましたが、

それぞれの人に適したストレス解消の方法があると思うので、

自分に合った方法を見つけてもらえれば幸いです。

 

それでは。

 

P.S.

ここまで書いてみて

僕にとってはブログを書くことも、大きなストレス解消になっている気がしました。