読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangeKid's blog

考えていることを書いていきます/ツイッターもやってます(@orangeKidGreat)

【書評】最近読んだ漫画のはなし

 

GW明けから漫画をたくさん読んでいます。

 

Kindle ストアで無料になっている漫画が多いことも影響していますが、

新しい漫画を読むときのワクワク感が結構好きだ、という理由が大きいです。

 

最近読んだ漫画を簡単に紹介します。

 

1. The Mark of Watzel

The Mark of Watzel (ヤングジャンプコミックス)

The Mark of Watzel (ヤングジャンプコミックス)

 

TVドラマ『怪傑ワッツェル』で人気を博した俳優ジェイソンも、今や詐欺まがいのしがないセールスマン。そんなジェイソンのもとに「病で寿命を宣告された娘・エリンを騙してほしい」との依頼が。『怪傑ワッツェル』が大好きなエリンを前に、ジェイソンは再びヒーローになれるのか…。

 

初めてこの作者の漫画を読んだのですが、絵のタッチや漫画の雰囲気が良かったです。

一冊で完結するので、ちょっとした時間に読めます。以下のリンクで物語の一部を読むことができるので、気に入った方は読んでみてはいかがでしょうか。

となりのヤングジャンプ : アオハル特集

 

 

2. 椿荘101号室

彼氏と同棲していた春子は、いつからか仕事もせず、彼に頼りっきりの生活になっていた。そんなある日、春子に重大な転機が…。
一人の女性と奇想天外な住人たちとの日々を描く、アパートライフコメディ!

 

主人公の性別こそ違いますが、現代版 めぞん一刻という感じかもしれません。

春子が椿荘に引っ越してきてから、アパートの住民と様々な形で交流を深める話です。

まだ一巻しか読んでいないので、どのような展開になるのか分かりませんが、

面白くなりそうな気がしています。 

 

 

3. 聲の形

聲の形(1) (少年マガジンコミックス)

聲の形(1) (少年マガジンコミックス)

 

「俺は彼女が嫌いだった」――明るく! 楽しく! 大冒険! がモットーの少年、石田将也(いしだ・しょうや)。耳の聞こえない転校生の少女、西宮硝子(にしみや・しょうこ)。2人の出会いが、教室を、学校を、そして将也の人生を変えていく――。余りにもみずみずしい青春のカケラたち。最高に切なく、心ゆさぶる物語が生まれました。 

 

とても良い漫画です。(あえて面白いという表現は使いません。)

1巻だけ読むと、結構不愉快な内容が多いので、苦手な方もいると思いますが、

2巻以降でこの作品の素晴らしさが出てきます。

聴覚障害者をいじめるシーンがあること等から、この漫画の掲載に関して、

出版社の中でも議論かなり議論があったようです。

聲の形 - Wikipedia

 

個人的にはこういう漫画が世の中に出て行く意味は非常に大きいと思うので、

掲載/出版されて良かったと思います。

この作品も以下のリンクから試し読みができるので、気になった方は是非。

『聲の形』試し読み|講談社コミックプラス

 

 

4. ふたば君チェンジ

だんだん女子を意識し始めたお年頃のふたば君。突然、ナイスバディな可愛い女の子に変わってしまったからさぁ大変。一族のものすごい秘密、ちょっとHなおねぇちゃんからの教育、好きな娘との行き違いの恋に大慌て。性転換ラブコメディのレジェンドコミック。

 

Kindleストアで1巻が無料だったので読んでみたところ、結構面白かったです。

性別が入れ替わる体質を持った主人公、という少しありがちなテーマではありますが、

家族全員が同じ体質を持っている等、面白い設定があります。

20年前に連載されていた漫画ということを知って驚きました 笑。

 

 

5. 漫画貧乏

漫画貧乏

漫画貧乏

 

 『海猿』『ブラックジャックによろしく』などのヒット作で知られる漫画家・佐藤秀峰が漫画業界、出版業界の矛盾に真っ向から立ち向かう!!10年後も漫画はあるのだろうか!?出口の見えない出版不況、台頭する新メディア…描いても描いても、原稿料では赤字続き…『海猿』『ブラよろ』の作者の漫画の未来に向けた、孤独な挑戦と実験の記録。

 

あれだけのヒット作を出した漫画家であっても、出版社からの待遇や編集者との信頼関係といった問題で苦労するのか、という意味で、本当に驚きました。

出版社を通さずに、独立して電子書籍を通じて漫画を売った方が良いのではないか、

と思わざるを得ませんでした。

鈴木みそ先生は実際に独立して仕事をされており、今のところ好調のようですし。

こちらもKindleで無料となっているので、読んでみて下さい。

(こうやって無料で読むことにも少し抵抗がありますが。。。)

 

6. PEACE MAKER 

PEACE MAKER 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

PEACE MAKER 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 一瞬の速さが生死を分ける“決闘(デュエル)”の世界に突如現れた謎の男、ホープ・エマーソン。父から受け継いだ“ピースメーカー”と驚異のドローテクニックを武器に、兄を探すための壮大な旅が、今始まった…!

 

こちらもKindleストアで期間限定ではありますが、無料だったので読んでみました。

高校生の時は、皆川先生の代表作であるARMSを読んでいましたが、

その時と比べると、そこまで面白く感じられませんでした。

無料だったので良い、と言ってしまえばそこまでですが。。。

 

 

6冊紹介しましたが、そのうち4冊はKindleで買っており、

小説や実用書も含めて、相変わらずKindle Paperwhiteにお世話になっています。

しかも、無料で読める本が多いので、とりあえず買ってみる、というケースが多いです。

本当に便利です。

 

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

 

 

しかしながら、二冊目に紹介した椿荘は、

紙質がちょっと違ったりした(ペーパーバック的な)ので、

紙媒体で読む面白さもありました。

 

二者択一では無いので、両方楽しんでいきたいと思います。

 

それでは。