読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangeKid's blog

考えていることを書いていきます/ツイッターもやってます(@orangeKidGreat)

日本のW杯のグループ分けについて

 

本田の移籍の記事に続いて、サッカーネタをもう一本書きます。

 

少し前の話になりますが、2014年ブラジルワールドカップのグループリーグの組み合わせが決定しましたね。

2014年ブラジルW杯・組み合わせ抽選会 | サッカー | 実況 | スポーツナビ

 

サッカーに馴染みの無い人でも知っているような

スペインやオランダ、ドイツ、イングランド、イタリアのようなヨーロッパの強豪や、

ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイなどの南米の強豪と同組にはならなかったものの、

かなり厳しいグループであることは間違いありません。

 

というか、どのグループに入ったところで、

日本が確実にグループリーグ突破を計算できるような組み合わせはほぼ無い、

というのが日本代表の立ち位置ではないでしょうか。

 

今回は同組になった国について簡単に紹介したいと思います。

(※ FIFAランクは11月時点のものです。ちなみに日本は48位です。)

 

1. コロンビア(FIFAランク:4位)

今最も旬なチームの一つだと思います。

南米予選もアルゼンチンに次ぐ2位で通過し、ウルグアイに4-0で勝つなど、

急速に力をつけています。

(ちなみに日本はウルグアイに2-4で負けたことがあります)

 

特に注目するべき選手はフォワードのファルカオ

今年、約6,000万ユーロの移籍金でASモナコに移籍しましたが、

2011-12シーズンはリーガエスパニョーラでメッシ、C.ロナウドに次いで

得点ランキング3位になったこともあります。

1人でも点を取る事ができる規格外の選手です。

 

2. ギリシャFIFAランク:12位)

2004年のEURO(ヨーロッパ選手権)で優勝したこともあり、

そこまで有名な選手こそいませんが、決して侮れない相手です。

個人的にはグループリーグの他のチームと比べて、

日本が戦いやすい国だと思っています。

 

3.  コートジボワールFIFAランク:17位)

FWのドログバ、MFのヤヤ•トゥーレが所属するアフリカ屈指の強豪国です。

アフリカ勢は圧倒的なフィジカルで押し込んできますが、

一方で、一度チームがバラバラになるとなかなか立て直せない傾向があります。

上手くファウルをもらう等、試合をコントロールできれば、

勝機はあるのではないでしょうか。

 

 

ざっと紹介しましたが、最初にも書いた通り、そしてFIFAランクからも分かる通り、

いずれの国も日本と互角以上の実力を持ったチームです。

上手くいけば2勝1分のような可能性もありますが、3連敗の可能性もあります。

 

余談ですが、今の大会形式となった98年以降のデータを見ると、

初戦で勝ったチームがグループリーグを突破する可能性は約85%もあるので、

何が何でも初戦のコートジボワール戦に勝ちたいところです。

日本 コートジボワール戦勝利なら決勝T進出84・8% ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 

歴代最強とも言われる今の日本代表がどこまで勝ち進めるのか、

今から楽しみで仕方がありません!