読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangeKid's blog

考えていることを書いていきます/ツイッターもやってます(@orangeKidGreat)

Kindle Paperwhite 3G を使うべき7つの理由

2013年も終わりに近づいてきたので、今年買ったものを振り返ってみました。

その中で僕の生活を大きく変えてしまったものの1つが Kindle Paperwhite 3Gです。

 

Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)

Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)

 

 

電子書籍が出始めた当初は、本は紙じゃなきゃ読めないだろ、と思っており、

iPad を使っても、やっぱりこれじゃ本は読めない、と諦めていました。

iPad は他の用途で多用しています)

 

そんな中で発売された Kindle Paperwhite は圧倒的に良かったです。

以下、Kindle Paperwhite の良い点をいくつか紹介します。

 

 

1. 読みやすい

iPadとの比較になりますが、文字の読みやすさが全然違います。

特に、暗い場所や屋外での読みやすさが際立っています。

PCディスプレイのような眩しさが無いため、夜寝る前に暗い部屋で読んでも目が疲れません。

 

2. バッテリーの持ち時間が長い

カラーディスプレイじゃないので、当然と言えば当然ですが、

僕が日常的に使っている感じでは2〜3週間はバッテリーが持ちます。

ちょっとした旅行でも、バッテリーの心配をする必要はありません。

 

3. 数十冊の本を持ち運べる

iPodのおかげで持ち運べる曲数が大幅に増えたことと同じようなメリットですが、

複数の本を簡単に持ち運べるのは大きな強みです。

 

4. 本がいつでも買える

これはKindle Paperwhite 3G のみのメリットですが、

3G回線を通じて1クリックで本を買うことができます。

本を読み終わった後に、すぐに次の本を買うことができるので、

出先で読むものが無くなった、という状況を回避することができます。

※注意

漫画のような重いファイルはwi-fi 環境でしかダウンロードできないものもあります。

 

5. Kindleだと安くなっている本がある

日替わりセール、月替わりセール、出版社によるセールなど、

様々な形で値引き販売が行われています。

安い上にすぐに読むことができる、というメリットを享受しない手はありません。

 

6. 本体価格が安い

本を読むこと以外の機能を捨て去ったことで、価格が抑えられています。

wi-fi のみは9,980円、wi-fi + 3Gでも14,980円となっています。

iPad mini は41,900円、iPad air は51,800円です。)

 

7. 軽い

これも他の機能を搭載しなかったメリットで、重量 206g しかありません。

男性なら片手で使える重さです。

iPad mini は 331g なので約2/3 です。)

長い時間、手にもって使うものなので、かなり重要なポイントだと思います。

 

 

最後にデメリットも1つ。

 

Kindle では読めない本がある

現状では、全ての本が電子書籍化されているわけではないので、

紙じゃないと読めない本が多くある、というデメリットはあります。

 

個人的な対処法としては、

紙媒体の書籍は家や職場で読み、出先や旅行では電子書籍を読む

という風に分けることで、両方の媒体で効率よく読んでいます。

 

wi-fi モデルのみではありますが、

12月31日まで1,980円のクーポンがもらえるようなので、

是非、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

それでは。

 

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

 
Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)

Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)